既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

既設構造物の3Dデジタルドキュメント化
既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

FARO® レーザースキャナーなどの 3D レーザースキャン技術を使用した既設構造物をスキャンすることで、3Dモデリングを可能にする詳細な点群データを取得します。

点群データは、建物の改築、プラントのレイアウト変更、拡張現実感を備えたデータのプレゼンテーションなどを行うために使用可能です。

建造物や周辺の空間全体のスキャンにおける高速なターンアラウンドタイムによって、FARO の 3D レーザースキャナーは多くの業界向けに、完全なサーフェスデータを持つCADモデルを提供できます。建築設計、土木・建設、施設管理、および文化遺産保存において、このFAROの3Dソリューションが活躍します。

レーザースキャナーによる曲がり外板の工作精度評価システムの研究開発

造船: 住友重機械マリンエンジニアリング株式会社
ヨーロッパでは古来より船を女性にたとえ、英語の代名詞では”She”を使うこともあります。その理由は諸説ありますが、船の持つ丸い曲線、優美な船体の形状は、確かに女性的に見えます。その形状を形作っているのが、「曲がり外板」と呼ばれる鋼板です。

「スクラップ&ビルド」から「維持・管理」へ、将来の危険をレーザースキャナーで調査

建設: アイセイ株式会社
日本中が好景気に沸いた1964年の東京オリンピック。新幹線をはじめ現在の日本の基礎となるインフラが整備されたのはこの頃です。それから約50年。コンクリートを中心とした構造物の中には、寿命が尽きて取り壊され、新たに建造されたものが多くあります。ほんの数年前までは、建設業界はこのような「スクラップ&ビルド」の時代でした。

モンゴルの広大な草原の下に眠る古代都市を奈良大学がファローレーザースキャナーで再現

遺跡保存: 奈良大学
奈良大学では、モンゴル国のモンゴル科学アカデミー考古学研究所との協定に基づく共同研究プロジェクトとして、2009年からモンゴルの考古学的遺跡の調査、研究を行っています。2011年までの3年間で第1期から第3期調査を終え、今回2012年より第4期調査が始まり、今後3年間にわたりモンゴルの遺跡調査を継続していく予定になっています。

バラスト水処理装置の設置に向けて、動き始める船舶業界 ファローレーザースキャナーで測定作業を大幅に短縮

造船: 株式会社三和ドック
バラスト水処理装置の設置にあたり、3Dレーザースキャナーを使った新しい設計手法が、日本海事協会支援による共同研究「3次元レーザースキャナー有効利用研究会」において検討されています。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x