資産および施設管理

FARO® レーザースキャナーを用いて スキャンすることで、発電部品、機械、配管などを含む、施設全体およびその資産を正確にデジタルドキュメント化することができ、詳細な 3D モデルを生成することができます。このスキャンデータは、建物管理、レイアウト変更時の干渉の有無、CAD モデリングのための既設構造物のデジタル化、その他プラント設計ための3Dデジタルドキュメント化に使用することができます。

FARO の資産および施設管理ソリューションは、可能な限り論理的で効率的な工場レイアウトを実現します。

FAROの3Dスキャニング技術により、BIMでの用途が拡大

測量と設計: SIPPR Engineering Group Co., Ltd.
わずか2年間に、SIPPRは13もの産業・商業用プロジェクトの全段階において、幅広くFAROレーザースキャナーを使用しました。これらのプロジェクトには、土量計算、工場のリバースモデリング、完成したビルのテスト、外観エンジニアリングや建設資材の計算などがあります。FARO Focus3Dを使い、SIPPRはプロジェクトにおける経済的利益増大と市場拡大を実現でき、最初の1年で高い投資利益率を得ることができました。

Perfect INC.、10年が経つ製造プロセスを合理化

ファクトリーメトロジー:Perfect INC.
ScanArmは、7軸のアーム型測定器で、最大限のデータ処理能力、高精度、高い効率性を実現します。FaroArmに比類ない非接触式測定機能が搭載されたScanArmは、もっとも複 雑な形状でもスキャンでき、Perfect INC.の建設機器のように異なるサイズの測定に最適です。

FARO、インド鉄道インフラの近代化を実施するための初のR&Dプロジェクトをサポート

鉄道:The Indian Institute of Technology Roorkee
写真測量法を使い、鉄道プラットフォーム全体をスキャンするのは、時間がかかり、複雑な計算に携わる作業になりかねません。さらに、調査チームは、頭上の送電線、鉄道プラットフォーム上の設備(例えば、エスカレーター、店舗やインフォメーションセンター)、線路の切り替え、列車の発着頻度を含む、いくつかの検討事項を考慮しなければなりませんでした。

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x