CADベースの検査

FAROのポータブル3次元測定器は、幾何公差測定(GD&T)を簡素化し、CADベースの3D検査および公称値との比較に、効率よく使いやすいソリューションを提供します。

FaroArm®、FARO ScanArm®およびFARO Laser Trackerのような、さまざまな接触・非接触式の3次元測定器を使用して、設計図やCADデータと比較し複雑な形状を検証できます。それにより、表面形状を評価し、すべての部品が公差内に収まっているかどうかを確認できます。

FARO: レーザースキャナーを使い、0.003インチの測定を実現

航空宇宙: HIZEAERO Co. Ltd.
チタンフォイルとは、厚さがわずか0.003インチ(0.076mm)しかない超薄型チタンフィルムで、この供給は、生産においても、検査においても、Hizeaeroチームに大きな課題を課すことになりました。この課題こそが、HizeaeroがFARO ScanArmに投資する大きなプッシュ要因だったのです。

Dran Engineersは、FAROにより高品質で、納期を守った納品を実現

プラントエンジニアリング: Dran Engineers Pvt. Ltd.
Nagpure氏はこう述べています。「全ての治具をFaroArmで検査しており、結果は一貫しています。とりわけ、測定と検査工程にかかる合計時間が5時間となったことが一番です。というのも、数年前は品質検査には10時間もかかっており、非常に手間のかかる作業でした。検査時間の50%短縮は非常に大きなメリットであり、納期通りに自動車治具を納品できるようになりました。」

Navyug Namdhari、FARO Edge ScanArm HDを使い生産効率が2倍に 3次元測定器の導入により、高品質自転車の本格展開

自動車:Navyug Namdhari
長年に渡り、当社の自転車は手動式測定機器を使って検査し、それから組み立てていました。品質は当 社にとって最も重要であり、部品は厳しいテストと検査を行っています。今までは手動式測定機器でも十分ではあ りましたが、正直、検査には時間がかかり、面倒なことも多かったのです。

自動車から楽器まで、最新技術で顧客のニーズをトータルサポート 短納期、高品質の試作品製作を支えるFaroArm

自動車:株式会社エム・エス・ケー
MSKでは、以前はノギスやハイトゲージを使用して、部品を測定していました。部品はさまざまな複雑な形状をしており、測定のために部品を水平に設置するだけでも手間がかかり、測定にも時間がかかっていました。そのような手動の測定機器では、計測が難しい個所もありました。

ウェブサイトを更新しました。

以前ご登録いただいた方も、改めてごご登録をお願いします