CADベースの検査

FAROのポータブル3次元測定器は、幾何公差測定(GD&T)を簡素化し、CADベースの3D検査および公称値との比較に、効率よく使いやすいソリューションを提供します。

FaroArm®、FARO ScanArm®およびFARO Laser Trackerのような、さまざまな接触・非接触式の3次元測定器を使用して、設計図やCADデータと比較し複雑な形状を検証できます。それにより、表面形状を評価し、すべての部品が公差内に収まっているかどうかを確認できます。

生活に欠かせないバルブの品質をサポートするFARO ScanArm
偏心量などの複雑な公差も簡単に測定

バルブ:巴バルブ株式会社
製品開発部、評価チームの吉井氏は、3次元測定器導入のきっかけについて次のように述べています。「これまでの測定方法では測れなかったところを測りたいということと、産業振興センターまで時間をかけて出かけていって測るのではなく、測りたいときに社内で測りたい、という思いがあり、展示会で見た3次元測定器を導入できないか、と考えたのが始まりです。」

FARO: レーザースキャナーを使い、0.003インチの測定を実現

航空宇宙: HIZEAERO Co. Ltd.
チタンフォイルとは、厚さがわずか0.003インチ(0.076mm)しかない超薄型チタンフィルムで、この供給は、生産においても、検査においても、Hizeaeroチームに大きな課題を課すことになりました。この課題こそが、HizeaeroがFARO ScanArmに投資する大きなプッシュ要因だったのです。

新しいビジネスモデルがものづくりを変える 古都、京都のベンチャー企業が最先端のEVスポーツカーを開発

自動車: GLM株式会社
当初はノギスなどを使用して手作業でこれらの部品を測定しCADデータを作成していました。そして部品を作り現物に合わせ、合わないところをやり直す、という作業を繰り返していたため、部品開発に多くの工数と費用をかけていました。これらの部品は複雑な形で決して測りやすいとは言えないため、手作業での測定では十分な精度が得られず、納得のいくものができるまで長い時間をかけて調整を行っていました。

自動車から楽器まで、最新技術で顧客のニーズをトータルサポート 短納期、高品質の試作品製作を支えるFaroArm

自動車:株式会社エム・エス・ケー
MSKでは、以前はノギスやハイトゲージを使用して、部品を測定していました。部品はさまざまな複雑な形状をしており、測定のために部品を水平に設置するだけでも手間がかかり、測定にも時間がかかっていました。そのような手動の測定機器では、計測が難しい個所もありました。

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x