製造工程内検査

製造工程内での検査は従来、部品の表面検査や寸法検査をするために加工機から部品を取り外して、温度管理がされた検査室で行わなければなりませんでした。この作業には時間も費用もかかります。FAROのポータブル3次元測定器を製造ラインに取り入れると、この過程を合理化できます。 

測定アームのような、FAROの3次元測定器の携帯性により、製造ライン上、製造工程内、加工機上での検査を効率よく行うことができます。これにより、部品を製造する加工機で直接、一貫して正確な測定が可能となります。

カルソニックカンセイ・コリア社、FAROの使用により測定効率を5倍に向上

自動車:カルソニックカンセイ・コリア社
創業以来、カルソニックカンセイ・コリア社は、主に据置型3次元測定機(CMM)、およびノギスやRゲージ、形状検出ツールなどの従来の測定方法で品質管理を行ってきました。しかし、2次元の測定機器は対象物を測定するのに長い時間がかかり、測定誤差にばらつきがでることがありました。また、据置型3次元測定機には不十分な点もあり、たとえばプレス部品やパイプ上のカーブや輪郭を測定するのが困難で、正確な結果を得ることができませんでした。

一品開発の生産設備に不可欠な 組み立て精度 FARO Gageが高める『自信』と『安心』

機械工学:株式会社富士製作所
福岡県久留米市に拠点を置く株式会社富士製作所では、大型の生産設備の開発、設計、施工を行っており、個々の部品、組立部品に至るまですべて自社で製造しています。 富士製作所では製造した部品を組み立て、機械を試運転させ、実際に動かすことによってずれがないかを見るため、組立現場で測定できるFARO Gageを導入、問題を未然に防ぎ、今では自信を持って製品を出荷することができます。

食品から工場まで。あらゆるものをレーザースキャン。3Dデータを利用した加工の可能性を探る

消費財: 有限会社上野木型製作所
ものづくり産業におけるグローバル化が進むにつれて、型製作においても、木型を一つずつ手作業で製作する時代から、CADデータを利用してNC加工機などで型を製作することが中心の時代に変わってきました。データがない製品の3Dデータ作成や、検査治具、加工モデルの検査などに、導入したFaroArmを利用しています。

精度保証が受注増のカギ ファローゲージで不況に打ち克つ

金属製作: 岩倉精工
岩倉精工に依頼される部品は小さく、精度が要求されるものが多いため、3次元測定器による精度保証は今ではなくてはならないものになっています。

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x