製造工程内検査

製造工程内での検査は従来、部品の表面検査や寸法検査をするために加工機から部品を取り外して、温度管理がされた検査室で行わなければなりませんでした。この作業には時間も費用もかかります。FAROのポータブル3次元測定器を製造ラインに取り入れると、この過程を合理化できます。 

測定アームのような、FAROの3次元測定器の携帯性により、製造ライン上、製造工程内、加工機上での検査を効率よく行うことができます。これにより、部品を製造する加工機で直接、一貫して正確な測定が可能となります。

FARO測定ソリューションにより、自動車システムインテグレーターが総合的な品質保証を実現

インテリジェント製造:Guangzhou MINO Automotive Equipment Co., Ltd.
MINO Equipmentは、アセンブリ前、アセンブリ中、納品後という3つの別々の段階にスキャナーを配置し、その全製造過程に渡り、FaroArmに頼っています。第1段階では、アセンブリ過程前に大型部品を測定し、不良品を最低限に抑えるため、形状公差(例、精度、穴の距離など)を検査しています。次に、システムや機器の組み立てが約90%完了した時に、機器統合段階でFaroArmを使用しています。この段階で、固定冶具と車両生産ラインの位置決め精度を確認し、溶接精度を確実にします。

FAROにより、自動化システムプロバイダーは正確な測定が可能に、据付の各工程で完璧な精度を実現

機械組立:Dalian Zhiyun Automation Equipment Co., Ltd.
現在、Zhiyunは、1.2m、1.8m、2.4m、2.5m、3mと様々な長さの計6台のFaroArmを所有しており、測定範囲ニーズを満たしてくれ、チームは異なる測定距離に対処できるようになりました。小型かつ軽量で非常に携帯性の高いアーム型3次元測定器は、使いやすく、非常に高精度です。アセンブリ現場で測定器を使えば、据付から検査までほんの10分しかかかりません。

FAROは、Bobst Indiaの高品質な機械加工のための正確な測定ソリューションを提供

機械組立:Bobst India
Bobst Indiaが最初に機械製造を開始した時、非常に多種多様な製造パーツを測定する必要に迫られました。そのため、単独機械から完全統合型機械、カスタムメイドラインまで、その1つ1つのソリューションに対して、パッケージメーカーが必要とする高精度で高性能であることを保証しなければなりませんでした。パーツのサイズは0.5mから10mと幅広く、会社が機械加工し、製作したシートメタルパーツも含まれました。

カルソニックカンセイ・コリア社、FAROの使用により測定効率を5倍に向上

自動車:カルソニックカンセイ・コリア社
創業以来、カルソニックカンセイ・コリア社は、主に据置型3次元測定機(CMM)、およびノギスやRゲージ、形状検出ツールなどの従来の測定方法で品質管理を行ってきました。しかし、2次元の測定機器は対象物を測定するのに長い時間がかかり、測定誤差にばらつきがでることがありました。また、据置型3次元測定機には不十分な点もあり、たとえばプレス部品やパイプ上のカーブや輪郭を測定するのが困難で、正確な結果を得ることができませんでした。

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x