大型部品検査

航空宇宙、自動車、重工業のような多くの業界で、大型部品測定は一般的に行われます。このような業界で大型部品の測定を行う際には、デザインや性能を維持するために一貫性のある正確な測定が必要になります。しかしながら、大型部品測定を行うのはやっかいで時間もかかります。

FARO® Laser Trackerのような革新的な広範囲測定ツールにより、検査プロセス全体を合理化できます。どんなサイズでも正確な測定が迅速にできる、ポータブル測定ソリューションにより、作業者による測定値の差異を最小限に抑えることで高精度な測定が可能になり、コストのかかる再作業やスクラップを削減します。

大型航空機部品の検証から設備のアライメントまでさまざまな測定にFARO測定器を活用

航空宇宙: 株式会社ナベヤ製作所
航空機部品や治具の測定に加えて、現在では自動車部品や治具の測定、エネルギー関係の大型設備のアライメントやケーシングなどのリバースエンジニアリングも行っています。もう一つはロボットキャリブレーションです。レーザートラッカーは動的測定が可能なため、ロボットの精度確認や指令したところへアームが到達しているか、などロボットの軌跡測定が可能です。

発電プラントのタービン工事、 大型部品の計測に3次元測定器を活用 FAROの3次元測定器で品質向上、工期短縮、競争力強化 を期待

エネルギー:東芝電力検査サービス株式会社
タービンの据付や定期検査などの場合、主に機器を設定するためおよび部品のリプレース等のために測定を行うことになります。従来の計測方法では、現場でのセットアップや正確な測定結果を得るために時間がかかり、かなりの工数がかかっていました。そこで、東芝電力検査サービスでは、あらゆる現場に持ち運びでき高精度に計測できる、FAROポータブル3次元測定器を導入しました。

レーザースキャナーによる曲がり外板の工作精度評価システムの研究開発

造船: 住友重機械マリンエンジニアリング株式会社
ヨーロッパでは古来より船を女性にたとえ、英語の代名詞では”She”を使うこともあります。その理由は諸説ありますが、船の持つ丸い曲線、優美な船体の形状は、確かに女性的に見えます。その形状を形作っているのが、「曲がり外板」と呼ばれる鋼板です。

レーザートラッカーによる「ものづくりと品質保証の一体化」 コマツ茨城工場、1年半で投資回収を見込む

重工機: コマツ 茨城工場
近年、特に新興国でインフラ整備や資源開発が進み、建機の需要が伸びていることもあり、茨城工場の組立ラインには、ロシアやインドネシアなどの国々へ輸出される製品が国内向けの建機とともに並んでいます。コマツグループでは、最新技術や設備の導入を通して、開発・生産からアフターサービスまで徹底した品質管理を実現し、国内外へ製品を届けています。

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x