非接触測定による検査

FARO® ScanArm®非接触測定器とレーザースキャナーによって、変形しやすく複雑な自由曲面形状を、緻密かつ詳細な 3D 点群データとして取得することができるため、容易に非接触測定による 検査を実行できます。

FARO の非接触 3D スキャンにより、接触測定で検査することが困難だったギャップアンドフラッシュなどをデジタル化できます。3D デジタルドキュメント化に最適なレーザースキャニングは、多くの要素および寸法を検証するためのより迅速な方法であり、よりわかりやすく読みやすいレポートを作成することができます。既設構造物の3Dデジタルドキュメント化を行うには、間違いなく最善のソリューションとなるでしょう。

FARO、自動溶接アセンブリの開発をサポート
溶接の専門家はポータブルで効率の良い測定ソリューションを活用

産業機械:Sichuan BMT Welding
車両品質はBIWの製造精度で決まります。また、車両の安全性、外観、気密性やノイズ特性において、車両の性能にも直接影響を与えます。このような理由から、溶接アセンブリ治具の精度確保や、その最適化、ポジショニングエラーの削減と制御を通じて、自動車ボディの溶接精度と品質を向上することが重要です。

大型航空機部品の検証から設備のアライメントまでさまざまな測定にFARO測定器を活用

航空宇宙: 株式会社ナベヤ製作所
航空機部品や治具の測定に加えて、現在では自動車部品や治具の測定、エネルギー関係の大型設備のアライメントやケーシングなどのリバースエンジニアリングも行っています。もう一つはロボットキャリブレーションです。レーザートラッカーは動的測定が可能なため、ロボットの精度確認や指令したところへアームが到達しているか、などロボットの軌跡測定が可能です。

FARO: レーザースキャナーを使い、0.003インチの測定を実現

航空宇宙: HIZEAERO Co. Ltd.
チタンフォイルとは、厚さがわずか0.003インチ(0.076mm)しかない超薄型チタンフィルムで、この供給は、生産においても、検査においても、Hizeaeroチームに大きな課題を課すことになりました。この課題こそが、HizeaeroがFARO ScanArmに投資する大きなプッシュ要因だったのです。

アカウントのご登録