ロボットキャリブレーション

毎日プログラム化されたルーチンを実施していると、ロボットは時間が経つにつれて最初のパスから外れる傾向にあります。ロボットの精度を保証するためにはリキャリブレーションが必要で、これにより生産ラインの信頼性が向上します。

航空宇宙や自動車といった業界では、FAROのレーザートラッカーやアーム型3次元測定器により、マウントからロボットを外さなくても、測定データの収集や現場にある大型製造ロボットのリキャリブレーションが可能です。

大型航空機部品の検証から設備のアライメントまでさまざまな測定にFARO測定器を活用

航空宇宙: 株式会社ナベヤ製作所
航空機部品や治具の測定に加えて、現在では自動車部品や治具の測定、エネルギー関係の大型設備のアライメントやケーシングなどのリバースエンジニアリングも行っています。もう一つはロボットキャリブレーションです。レーザートラッカーは動的測定が可能なため、ロボットの精度確認や指令したところへアームが到達しているか、などロボットの軌跡測定が可能です。

FaroArmにより、システム・インテグレーターが迅速かつ正確な溶接を実現

自動車:MH Robot &Automation Co., Ltd.
FAROの測定ソリューションを数台導入して以来、中国のシステム・インテグレーターであるMH Robot & Automation Co., Ltd.は、溶接および組立機器システムの精度と安定性を強化し、生産ラインとコンベヤシステム全般の精度も改善できました。

FARO Laser Trackerでロボットのポジショニング

重機・建機: Kuka Roboter
Kuka のロボットは007映画「ダイ・アナザー・デイ」にも登場しピアース・ブロスナン、ハル・ベリーと共演した。顧客のニーズに合わせ特注されるKukaのロボットは最高の精度を達成しなければならない。その位置測定と認証が、重要な役割を果たす。

アカウントのご登録