イベント

オンラインセミナー:自動車製造業の量産前工程における、ポータブル測定器を使用した3次元測定と検査ソリューション

日程: 2017年04月26日

オンラインセミナー:自動車製造業の量産前工程における、ポータブル測定器を使用した3次元測定と検査ソリューション

オンライセミナー概要:


FAROのポータブル3D測定ソリューションは、生産性の向上と、サイクルタイムの短縮のために、初回品検査、治工具検査、ホワイトボディ検査などのような自動車製造過程の検査において、量産開始前工程で活用されています。

このオンラインセミナーでは、自動車業界の量産開始前工程におけるこのような課題に対して、3次元測定ソリューションを使った解決方法について考察します。

参加対象者: 自動車開発・製造工程あるいは、測定や検査ソリューションが製造工程で必要な、開発、生産、品質部門のエンジニア、またはマネージャーの方向けです。
 

 

オンライセミナー詳細:


業界動向

自動車製造は、現在の製造業界において、最も一般的だけれども、複雑なタスクの1つであると言えます。なぜなら、異なる何千ものコンポーネントの開発、生産、組立が必要とされるからです。

しかしながら、コンポーネントやサブアセンブリは全て、別の場所で生産され、組み立てられ、自動車のシャーシに組み付けられるので、その開発、製造工程における、精度や信頼性の確保は、自動車業界において、絶えず発生する課題です。

量産前工程は、研究開発と設計開発の完了後に、始まります。 量産前工程は製造準備段階であり、全行程の中で最も重要な工程です。

今日、自動車メーカーの開発製造工程でのポータブル3次元測定ソリューションによって生み出されるメリットが認知されつつあり、従来の測定や検査方法よりもよく使用されています。

トピック

  • 自動車製造における課題
  • 自動車開発と製造工程
  • 量産前工程の課題
  • 量産前工程における様々な検査
  • 3次元測定ソリューション
  • 導入事例

関連業界

  • 3次元測定と検査ソリューションを必要としている自動車業界

 

関連製品


FaroArm
FaroArm®

FaroArmは、世界で最も革新的なポータブル3次元測定器です。3D での品質検査や治具の認証、CADとの比較検査、寸法検査、リバースエンジニアリングなどに最適なため、製造業者は、製品の品質を簡単に検証可能です。

FARO ScanArm
FARO® ScanArm®

FAROBlu™ Laser Line Probe HD (High Definition)を搭載したQuantumSとQuantumMは、市場で最高性能のレーザースキャナーとの統合により、比類ない非接触測定を実現します。

FARO Laser Tracker
FARO® Laser Tracker

FARO Laser Trackerは、組立精度の確認、部品検査や組立検査、機械の据付やアライメント、そしてリバースエンジニアリングなどの用途に最適です。また用途に限らず、大型部品測定のワークフローの生産性管理を最適化します。

FARO Cobalt Array Imager
FARO® Cobalt Array Imager

Cobalt Array Imagerは、ブルーライトテクノロジーを搭載した非接触式の3次元測定器で、短時間で何百万点もの3Dデータを取得します。

 

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x