航空宇宙

航空宇宙産業、航空機組立分野におけるほぼすべての段階において、精度は重要なカギであり、3次元測定技術はそれを実現するための要となっています。測定アーム、レーザートラッカーを含む FAROのポータブル3次元測定器は、現場や製造工程における大小さまざまな航空機部品の寸法および品質管理に最適です。

治工具のセットアップや据え付け、表面形状解析、3Dモデリングやプラントレイアウトのための3Dデジタルドキュメント化など用途を問わず、FAROの精密なポータブル3次元測定器および3Dレーザースキャナーを使うことで、エラーを削減できます。

大型航空機部品の検証から設備のアライメントまでさまざまな測定にFARO測定器を活用

航空宇宙: 株式会社ナベヤ製作所
航空機部品や治具の測定に加えて、現在では自動車部品や治具の測定、エネルギー関係の大型設備のアライメントやケーシングなどのリバースエンジニアリングも行っています。もう一つはロボットキャリブレーションです。レーザートラッカーは動的測定が可能なため、ロボットの精度確認や指令したところへアームが到達しているか、などロボットの軌跡測定が可能です。

FARO: レーザースキャナーを使い、0.003インチの測定を実現

航空宇宙: HIZEAERO Co. Ltd.
チタンフォイルとは、厚さがわずか0.003インチ(0.076mm)しかない超薄型チタンフィルムで、この供給は、生産においても、検査においても、Hizeaeroチームに大きな課題を課すことになりました。この課題こそが、HizeaeroがFARO ScanArmに投資する大きなプッシュ要因だったのです。

自由曲面を持つ飛行機の部品や大型部品 加工作業の一環としてファローアームを使用

航空宇宙、航空機用、金属加工: 明和機工株式会社
夢の飛行機、ドリームライナーの愛称を持つボーイング787。ローンチカスタマーである全日本空輸に今年引き渡され、いよいよ日本の空を飛びたつ日がやってきます。そのボーイング787の部品を制作している会社が大阪市西淀川区にあります。

ミッション・サポート社 FaroArmで米空軍B-52 をオーバーホール

航空宇宙: ミッション・サポ-ト社
「FaroAmとVerisurf CADソフトウェアを導入した生産および検査システムは、当社にとって非常に賢明な選択でした。FaroAmとVerisurf のソフトウエアの組み合わせは当社にリバースエンジニアリング、製造および検査の総合的ソリューションを提供し、すべての当社製品の質においてさらなる精度、一貫性、そして信頼性をもたらしました。」

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x