自動車

自動車
自動車
自動車
自動車

車の性能や質の高いデザインを確保するために、FAROの3次元計測ソリューションにより、自動車製造および組立時の品質管理に、シンプルでありながら正確な接触測定および非接触測定が可能です。

多関節型のポータブル3次元測定器は、ラピッドプロトタイピング、車体パネルの解析やホワイトボディの検査に使用されます。広範囲レーザートラッカーは、アライメント、ロボットキャリブレーションや初回品検査に最適です。既設構造物のデジタル化と工場のレイアウトプロジェクトに関しては、FAROの3Dレーザースキャナーが理想的なソリューションです。

FAROの3次元計測ソリューションは、スポーツカーや高級車であっても実用車であっても、自動車検査やモデリングといった用途に最適です。

既存測定器2台分の仕事を1台で完結させたFARO® QuantumS ScanArm

自動車:伊藤レーシングサービス株式会社
FARO QuantumS ScanArmの活用で、車の部品5台分の測定時間が60分から30分に半減するなど、伊藤レーシングサービスが重視するスピーディーな対応にとって、欠かすことのできない測定器となりました。

FARO測定ソリューションにより、自動車システムインテグレーターが総合的な品質保証を実現

インテリジェント製造:Guangzhou MINO Automotive Equipment Co., Ltd.
MINO Equipmentは、アセンブリ前、アセンブリ中、納品後という3つの別々の段階にスキャナーを配置し、その全製造過程に渡り、FaroArmに頼っています。第1段階では、アセンブリ過程前に大型部品を測定し、不良品を最低限に抑えるため、形状公差(例、精度、穴の距離など)を検査しています。次に、システムや機器の組み立てが約90%完了した時に、機器統合段階でFaroArmを使用しています。この段階で、固定冶具と車両生産ラインの位置決め精度を確認し、溶接精度を確実にします。

新しいビジネスモデルがものづくりを変える 古都、京都のベンチャー企業が最先端のEVスポーツカーを開発

自動車: GLM株式会社
当初はノギスなどを使用して手作業でこれらの部品を測定しCADデータを作成していました。そして部品を作り現物に合わせ、合わないところをやり直す、という作業を繰り返していたため、部品開発に多くの工数と費用をかけていました。これらの部品は複雑な形で決して測りやすいとは言えないため、手作業での測定では十分な精度が得られず、納得のいくものができるまで長い時間をかけて調整を行っていました。

やりたいことを形にする楽しさをDesign ScanArmがサポートする車造りの夢

プロダクトデザイン:ムーンクラフト株式会社
複雑なデザインのリバースエンジニアリングや黒物のスキャンムーンクラフトでは、2005年にFAROの非接触スキャナー搭載のアーム型3次元測定器を導入しました。それ以前はノギスやレイアウトマシンなどを使用して測定を行っていましたが、時代を経るにつれ、3D CADの普及と進化によってデザインが複雑になり、人の感覚だけで製作できるものではなくなってきたからです。

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x