自動車

車の性能や質の高いデザインを確保するために、FAROの3次元測定ソリューションにより、自動車製造および組立時の品質管理に、シンプルでありながら正確な接触測定および非接触測定が可能です。

多関節型のポータブル3次元測定器は、ラピッドプロトタイピング、車体パネルの解析やホワイトボディの検査に使用されます。広範囲レーザートラッカーは、アライメント、ロボットキャリブレーションや初回品検査に最適です。既設構造物のデジタル化と工場のレイアウトプロジェクトに関しては、FAROの3Dレーザースキャナーが理想的なソリューションです。

FAROの3次元測定ソリューションは、スポーツカーや高級車であっても実用車であっても、自動車検査やモデリングといった用途に最適です。

新しいビジネスモデルがものづくりを変える 古都、京都のベンチャー企業が最先端のEVスポーツカーを開発

自動車: GLM株式会社
当初はノギスなどを使用して手作業でこれらの部品を測定しCADデータを作成していました。そして部品を作り現物に合わせ、合わないところをやり直す、という作業を繰り返していたため、部品開発に多くの工数と費用をかけていました。これらの部品は複雑な形で決して測りやすいとは言えないため、手作業での測定では十分な精度が得られず、納得のいくものができるまで長い時間をかけて調整を行っていました。

やりたいことを形にする楽しさをDesign ScanArmがサポートする車造りの夢

プロダクトデザイン:ムーンクラフト株式会社
以前は、黒物などの測れない部分はスプレーを吹き付けたりしていましたが、カーボン繊維は網目の間にスプレーが入りこむため使えません。その場合は黄色いマスキングテープを使用していましたが、デザインが複雑で貼るのに時間がかかります。「とにかく黒いものに強いスキャナーがほしくてDesign ScanArmに決めました」というムーンクラフトでは、最大で50%以上の時間短縮を実現しています。

自動車から楽器まで、最新技術で顧客のニーズをトータルサポート 短納期、高品質の試作品製作を支えるFaroArm

自動車:株式会社エム・エス・ケー
MSKでは、以前はノギスやハイトゲージを使用して、部品を測定していました。部品はさまざまな複雑な形状をしており、測定のために部品を水平に設置するだけでも手間がかかり、測定にも時間がかかっていました。そのような手動の測定機器では、計測が難しい個所もありました。

『点と数字』から『色』での品質管理へ FaroArmの非接触スキャナーがもたらす品質評価プロセ スの改善

自動車:株式会社ダイハツメタル
FaroArmでの測定結果について、「『数字』の羅列では形状を評価するのに時間がかかります。カラーマップなら一目見て良い、悪いが把握できるため、認証作業が短時間で終わります。」「測定時間は据置型3次元測定機を使用する場合に比べて1/3ほどになり、工数の削減にもつながりました。測定物全体の評価が可能なため『測定抜け』がなくなり、測定者による合否判定ミスの防止に役立っています。海外の関連工場や他部署との意思疎通にも、カラーマップの方が速くて正確です。」

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x