橋梁

橋の整合性や安全性を守るために非常に重要な要件として、橋の建設と図面化の際に、エンジニアはコンクリートやスチール部分の寸法を正確に測定する必要があります。

FARO®レーザートラッカーや3Dレーザースキャナーを使用する事で、土木技術者は迅速かつ簡単に応力・ひずみのモニタリング、既設建造物の正確なCADモデルの作成、施工計画図の作成、ひずみ検査の為の応力計測点の作成などが可能になります。

現場を丸ごと点群データ化し、会社に持ち帰る

建設・土木:株式会社奥村設計事務所
設計者は現場を見るのが基本と言っても、遠隔地の現場では何度も通うことは困難です。また、以前はカメラやビデオで撮影した画像から寸法などを割り出す方法であったため、図面が現状と合わないことも起こっていました。そこで現地調査のときにFAROの3Dレーザースキャナー「Focus3D X 330」を使用し、現場周辺を3Dスキャンにより点群データ化しています。そうすることによって、手戻りのない、より現状に合った図面を作成することができます。

「スクラップ&ビルド」から「維持・管理」へ、将来の危険をレーザースキャナーで調査

建設: アイセイ株式会社
日本中が好景気に沸いた1964年の東京オリンピック。新幹線をはじめ現在の日本の基礎となるインフラが整備されたのはこの頃です。それから約50年。コンクリートを中心とした構造物の中には、寿命が尽きて取り壊され、新たに建造されたものが多くあります。ほんの数年前までは、建設業界はこのような「スクラップ&ビルド」の時代でした。

レーザースキャナーを使用してマディソン郡の橋を3Dドキュメント化

遺跡保存: SightLine
災害は、何世紀にも及ぶ歴史的、文化的遺産をたちどころに破壊します。3次元レーザースキャニングは建造物を3Dドキュメント化するための優れた手段であり、これらの潜在的な危険から私たちの歴史を永遠に守ることができます。

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x