橋梁

橋の整合性や安全性を守るために非常に重要な要件として、橋の建設と図面化の際に、エンジニアはコンクリートやスチール部分の寸法を正確に測定する必要があります。

FARO®レーザートラッカーや3Dレーザースキャナーを使用する事で、土木技術者は迅速かつ簡単に応力・ひずみのモニタリング、既設建造物の正確なCADモデルの作成、施工計画図の作成、ひずみ検査の為の応力計測点の作成などが可能になります。

「スクラップ&ビルド」から「維持・管理」へ、将来の危険をレーザースキャナーで調査

建設: アイセイ株式会社
日本中が好景気に沸いた1964年の東京オリンピック。新幹線をはじめ現在の日本の基礎となるインフラが整備されたのはこの頃です。それから約50年。コンクリートを中心とした構造物の中には、寿命が尽きて取り壊され、新たに建造されたものが多くあります。ほんの数年前までは、建設業界はこのような「スクラップ&ビルド」の時代でした。

レーザースキャナーを使用してマディソン郡の橋を3Dドキュメント化

遺跡保存: SightLine
災害は、何世紀にも及ぶ歴史的、文化的遺産をたちどころに破壊します。3次元レーザースキャニングは建造物を3Dドキュメント化するための優れた手段であり、これらの潜在的な危険から私たちの歴史を永遠に守ることができます。

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x