教育

教育
教育

多くの企業や組織が製造技術の効率を向上させるためにポータブル 3次元測定器や3D イメージングデバイスを採用するようになると、教育現場でも学生に最新の3D測定技術の実体験を積ませるため、この測定技術を導入することはますます重要になってきています。

FAROは、測定アーム、レーザートラッカー、およびレーザースキャナーの概念および応用の知識が、学生が社会に出て製造業や科学研究の分野に進んだ際に競争力が身に付くことを理解し、指導に取り組んでいます。

恐竜の化石の復元にFARO のレーザー・スキャナーを利用

教育・研究: サム・ノーブル・オクラホマ自然史博物館
サム・ノーブル・オクラホマ自然史博物館の古生物学者は、アパトサウルスの子供の失われた骨の構造の復元に取り組んでいます。子供の骨は全体の約15%ほどしか発見されていませんが、彼らは、現在同博物館に展示されている大人のアパトサウルスのモデルを使って、残りの骨の構造をデジタル的に復元することを目指しています。

大きな恐竜は重くて走れない? 恐竜の正確な体型復元にFARO社製三次元スキャナーを活用

「大きな恐竜は重くて走れない?」を筆者の研究テーマにすることとした。2005年頃の話である。これは2002年に「ティラノサウルスは速くは走れない」という論文が発表されたことに触発されてのことだった。論文を良く読むと、「重くて走れない」のではなく、速くは走れないのだ、と書いてあった。

アカウントのご登録
パスワードの再設定