fbpx

ニュース

FARO CAM2ソフトウェアで新しいサブスクリプションモデルの提供を発表

最新リリースでは、性能強化と最新統計工程管理ツールを含む新機能を搭載

フロリダ州、レイク・メアリー、2020年3月5日 – FARO® Technologies, Inc. (NASDAQ: FARO) – 3次元測定とイメージングソリューションのグローバルリーダーであるFAROは、本日CAM2® 2020ソフトウェアの最新リリースを発表しました。このリリースには、様々な性能やユーザーインターフェイスの改善、新機能や新しいサブスクリプションライセンスオプションが含まれます。この最新の測定ソフトウェアプラットフォームにより、全製造工程に対し、初期費用を抑えて、より優れた管理が実現できます。

 新しいサブスクリプションモデルにより、ユーザーはより小さい初期投資でCAM2のメリットを享受できるようになります。柔軟性の高いライセンシングモデルにより拡張性を高めることで、いつでも最新のCAM2が利用可能になります。

「FARO CAM2は、強力で直感的に操作できる、用途を重視した3次元測定プラットフォームであり、効率よく品質保証や検査業務を遂行できるように設計されています。お客様が毎日直面する測定ニーズからのフィードバックに基づいて直接開発されたソフトウェア体験を提供できることを嬉しく思っております」とプロダクトマーケティング部門のバイスプレジデントMichael Carrisは述べています。「その上、より優れた工程管理を確実にする新機能を使い、品質保証と生産業務の関係を強化できます。」

FARO CAM2 2020は、直感で操作できる合理的な用途重視のプラットフォームで、製造工程を最大限に活用できるようにサポートします。絶え間ない改善を通して、ユーザーからのフィードバックや要求を継続して収集、統合、展開してきました。FARO CAM2 2020は、測定体験の向上や、設定された範囲から外れていることを示す生産データの傾向を特定することに役立つ、さまざまな新機能を含んだ集大成と言えます。このようなエラーの予測により、ムダな時間を削減し、廃棄や再作業を削減でき、生産能力を最大限に維持できます。スマート機能が実証されたラインアップの一環として、本リリースは毎日の製造業務のために、完全に実現されたソリューションです。

アカウントのご登録
パスワードの再設定