fbpx

FARO® Design ScanArm 2.5C

製品開発促進のためのターンキー3D Scan-to-CADソリューション

FARO<sup>®</sup> Design ScanArm 2.5C
 

FARO® Design ScanArm 2.5Cの主な用途

Design ScanArm 2.5Cは、CADモデルの存在しない部品の製造、既存の製品に厳密にフィットするサービスパーツの開発、設計変更や交換のための古い部品のリバースエンジニアリング、在庫や倉庫費用の削減のためのデジタルライブラリの作成、芸術的に美しいデザイン、自由形状の表面、あるいはラピッドプロトタイピングの活用おいて、理想的なソリューションです。

リバースエンジニアリング
設計変更、取り替え、新デザインの取り入れや、競合解析を実施する際に素早く既存の部品を3Dデジタル化。

CADでの再現
破損や紛失、入手できない部品に対して、製造がすぐに可能なCADファイルを作成。

サービスパーツ
OEM部品を素早く正確にスキャンし、サービスパーツのはめ合い部品の形状をCADで直接効率よく設計可能。

治具の修正
新しいモデルや型の変更に対応するために必要な治具を更新したり、アセンブリラインの再構築や移動のために、複雑な治具や鋳型の現況をスキャンし、データを取得することが可能。

メンテナンスや修理、オーバーホール(MRO)
摩損度分析を実施し、メンテナンス作業に先立って部品や治具をスキャンし、修理作業のためのカスタムパーツを作成。

テストと評価
摩擦摩耗試験において、製品評価プログラム実施前後の、部品や試作品のテスト書類を作成。

デジタルアーカイブとエンジニアリングドキュメント化
在庫や倉庫費用を削減するためにデジタルライブラリを作成。将来必要な時に再現可能。

インダストリアルデザイン/クレイモデリング
複雑でスキャンが難しいオーガニック形状でも簡単に3Dデジタル化。見た目が美しく機能的な自由形状のデザインを素早く再現可能。

3Dプリンティング/ラピッドプロトタイピング
3Dスキャンデータを使用して、3Dプリンターに直接送ることができる、穴埋めしたメッシュまたはスケールモデルを簡単に作成。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x