fbpx

FARO® ScanArm

理想的な接触/非接触型のポータブル測定システム

FARO<sup>®</sup> ScanArm
 

FARO® Laser Line Probeの特長

FAROBlu™ Laser Line Probe HD (高解像度)およびFAROBlu Laser Line Probe SD (スタンダード解像度)およびFARO Prizm Laser Line Probeは、全てのQuantum FaroArm製品に搭載可能で、比類ない非接触式測定機能を実現するオールインワンソリューションであるQuantum ScanArmとなります。FaroArmの接触式プローブを使い、シンプルな接触測定を行い、レーザースキャナーを使い、より詳細なデータを必要とする箇所のスキャンが可能です。

FARO 8-Axis Quantum ScanArmは、Quantum ScanArmを8番目の軸にシームレスに統合します。8軸は、ScanArmに連動して部品を同時に回転させることができるので、ScanArmを部品の周りで回したり、位置を移動させなければならない場合と比べ、比類ない測定速度と簡単な操作を実現します。

1つのシステムで、最高のデータ取得能力、精度と効率を実現できます。

FAROBlu Laser Line ProbeとPrizm Laser Line Probe

FAROBlu Laser Line ProbeとPrizm Laser Line Probe

FAROBlu Laser Line ProbeとPrizm Laser Line Probeは最新技術を採用し、クラス最高のスキャン機能を実現しています。

ブルーレーザーとグリーンレーザー

ブルーレーザーとグリーンレーザーLaser Line Probeは、光学的に優れたブルーレーザー技術を採用しています。赤色レーザーと比べ、ブルーレーザーはより短い波長を有しており、対象物のより細かいディテールを取得できる機能により、より解像度の高いスキャニング結果を可能にします。また、ブルーレーザーは、赤色レーザーと比較して、スペックルノイズが50%も低減されています。また、Prizm Laser Line Probeは、高色彩解像度を可能にするため、グリーンレーザー技術を活用しており、高解像度カラー点群データ取得と分析のためのカラースキャニング機能を搭載しています。

最新センサー

FAROBlu Laser Line ProbeとPrizm Laser Line Probeのカメラは最新CMOS技術を用い、最高で毎秒300フレーム (fps)という高速フレームレート(スキャン対象部品上でカメラが1秒間に新しいデータを取得する回数)を実現しています。

カスタムレンズ

FAROBlu Laser Line ProbeとPrizm Laser Line Probeは上質の大型カスタムレンズが特長で、より多くの光とデータを収集し、より高精度で、シャープで明るい画像を取得します。スイートスポットが広いため、スキャン幅が広くなり、さらに広範囲のスキャンが可能になります。その結果、より速く、生産性の高いスキャンが可能です。

レーザーライン幅

FAROBlu Laser Line ProbeとPrizm Laser Line Probeはレーザーライン幅150mmです。スキャン幅が広いため、広範囲を迅速に効率よくスキャンできます。さらに、Laser Line Probeは信頼性の高いブルーレーザーまたはグリーンレーザーを採用しています。広範囲がスキャンできることで、部品を動かして何度もスキャンをすることによる精度誤差や生産性の低下を防ぐことができます。

アカウントのご登録
パスワードの再設定