Visual Inspect

製造過程を合理化するFARO検査ソリューション

Visual Inspect
 

Visual Inspectの特長

Visual Inspectの主な特長

直感的に操作可能なタッチ機能

アプリを使って簡単に操作可能。これにより、3Dデータの拡大、変換、回転処理が簡素化されます。たとえ複雑なマルチステップ機能でも、現在選択している3D要素ごとのショートカットメニューから素早くアクセスできます。

 

測定

インテリジェント測定機能により、3Dデータを使って情報をやり取りし、使いたい機能に関する有益な付加情報を得ることができます。この情報により、タスクをより効率よく管理できます。点、エッジや表面、半径や角度の絶対測定と相対測定が利用でき、簡単にアクセスできます。

 

範囲選択

総合的な機能により、リアルタイム、または段階的に部品やアセンブリの範囲選択が可能です。特定のニーズにより、2Dや3Dもしくはフィル/アンフィル機能 といった異なる断面ビューを選択できます。

 

3Dデジタルドキュメント化

リアルタイムで作成でき、3Dビューにテキストや画像のような注釈を追加できるため、エラーをマークしたり、他のユーザーへのアドバイスを追加できます。さらに、特別機能に関してステータス(未確認、確認済、間違い)を定義できます。注釈や検査結果をプロトコルに集め(xlsx形式)、フォローアップのためにエクスポートできます。

 

QRコード

対応する部品(またはアセンブリ)のQRコードをスキャンして、3Dデータを開くことができます。これにより、部品の名称を知る必要がなくなるので、ワークフローを簡素化し、最適化できます。特に何百という部品を検査しなければならない場合に、大幅な効率向上になります。

 

Visual Inspect ARの主な特長

マーカー付き拡張現実(AR)

タブレットに搭載のカメラを用いて、3Dデータ化された現物のオーバーレイを、すべての作業工程やワークフロー情報を含んだ状態でリアルタイムに作成できます。簡単なマーカーアライメントシステムを設定することにより、バーチャルワールドとリアルワールドを合わせることが可能です。たとえ光条件が乏しくても、マーカーは確実かつ自動的にアプリから特定されます。

 

マーカーなし拡張現実(AR)

画像内で、2Dの点とCADモデル上の3Dの点を結合させると、マーカーなしでも正確なオーバーレイを作成できます。これにより、スペースに制限がある、アセンブリが大型であるなどの理由でマーカーが設置できない、というような困難な環境でも、オーバーレイプロセスを効率よく実施できます。

 

場所や時間を選ばないオーバーレイ

オペレーターは現場で写真撮影し、後でCADデータと写真をオーバーレイできます。さらに、オーバーレイを保存し、いつでもどこでも再生できます。

 

外付けカメラ

オプションの外付け高解像度カメラを使用すれば、さらに正確なオーバーレイを作成できます。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x