FARO® As-Built™ ソフトウェア

FARO As-Built™は、リアリティーキャプチャーデーターを完全に効率よく、パラメトリックCADやBIMモデルに変更するための革新的かつ費用対効果の高いソフトウェアです。

FARO<sup>®</sup> As-Built™ ソフトウェア
 

FARO® As-Built システム要件

技術要件

ハードウェア要件はプロジェクトサイズによって異なります。500 As-Built Modelerオブジェクトが付いた30 GBプロジェクト(26箇所のスキャン位置)、Intel Core i7-6920HQ CPU @ 2.90 GHz (4フィジカルコア)搭載で、32 GB RAM、NVIDIA Quadro M2000 (4GBメモリ)および1TB SSDで適切に作動します。

 

As-built Modeler

  技術要件
ハードウェア Intel Core i7/i9/Xeonまたは同等のAMD 3 GHz以上、8フィジカルコア、64GB RAM、1TBソリッド ステートドライブ + レギュラーHDD
グラフィックカード 専用グラフィックカード、OpenGL 4.1またはそれ以上、最低16GBメモリ、ステレオレンダリン グと表示︓NVIDIA Quadro︔バーチャルリアリティレンダリングと表示︓ NVIDIA GTX 1080また は同等、SteamVRを必ずインストールすること、バーチャルリアリティヘッドセット対応(オプ ション)︓オキュラス・リフトまたはタッチコントロール付きHTC Vive
OS 64ビットシステム Windows®10
推奨ハードウェア要件 最新ドライバ搭載の3D Connexion Space Mouse(ユーザーマニュアルに設定記載)、ネットワー クカードがAs-Built™ Modelerのライセンス取得に必要

 

As-built for Autodesk Revit

  技術要件
 プラットフォーム As-Built for Revit は、バージョン2017 から2020 であれば、Revit および関連製品(Architecture®、 Structure®、MEP®)とも互換性があります。それ以前のRevitをお使いの方は、FARO担当者にご連絡下 さい.
OS お使いのAutodesk® Revit® のバージョンにより、 64-bit Windows® 7/8/8.1/10。
推奨ハードウェア要件 コンピュータ:Autodesk推奨のグラフィックカード、2.5 GHz 以上のプロセッサ(3-4 GHzで4-8 cores を推奨)、8GB 以上のRAM(32GB以上を推奨)、大型プロジェクトの場合SSD。行う作業に合ったレ ーザースキャナー、カメラとトータルステーションをお選び下さい。

 

As-built Suite Software

  技術要件
プラットフォーム AutoCAD® 2015およびAutodesk® Revit® 2015及びそれ以降、Civil 3D®、Architecture® やMap 3D® などの関連製品にも対応可能。それ以前のAutodesk製品をご使用になる場合は、FAROの担当者までご 連絡下さい
OS お使いのAutoCAD® あるいはAutodesk® Revit® のバージョンにより、64-bitのみ対応
推奨ハードウェア要件 コンピュータ: Autodesk 推奨のグラフィックカード、2.5 GHz 以上のプロセッサ(3-4 GHzで 4-8 cores を推奨)、8GB 以上の RAM( 32GB以上を推奨)、大型プロジェクトの場合 SSD。 行う作業に合ったレーザースキャナー、カメラとトータルステーションをお選び下さい.
データ要件 登録スキャン(および画像)。
対応スキャンデータ形式 E57, ASCII, LAS, FARO (LSPROJ, FLS, FWS), Leica (PTZ, PTS, PTX), Zoller&Fröhlich (ZFS, ZFPRJ), Topcon (CL3, CLR) Leica (PTG) and Riegl RiScanPro-Projects (RSP).

アカウントのご登録
パスワードの再設定