FaroArm

アーム技術のグローバル基準

FaroArm
 

FaroArm® 導入事例

さまざまな導入事例により、お客様がFAROのソリューションをビジネスにどう活用しているかをご紹介します。企業が直面している課題を解決するためにどのようなソリューションを選択し、投資回収や効率向上にどう取り組んでいるか、ご覧いただけます。

生活に欠かせないバルブの品質をサポートするFARO ScanArm
偏心量などの複雑な公差も簡単に測定

バルブ:巴バルブ株式会社
製品開発部、評価チームの吉井氏は、3次元測定器導入のきっかけについて次のように述べています。「これまでの測定方法では測れなかったところを測りたいということと、産業振興センターまで時間をかけて出かけていって測るのではなく、測りたいときに社内で測りたい、という思いがあり、展示会で見た3次元測定器を導入できないか、と考えたのが始まりです。」

自動車から楽器まで、最新技術で顧客のニーズをトータルサポート 短納期、高品質の試作品製作を支えるFaroArm

自動車:株式会社エム・エス・ケー
MSKでは、以前はノギスやハイトゲージを使用して、部品を測定していました。部品はさまざまな複雑な形状をしており、測定のために部品を水平に設置するだけでも手間がかかり、測定にも時間がかかっていました。そのような手動の測定機器では、計測が難しい個所もありました。

発電プラントのタービン工事、 大型部品の計測に3次元測定器を活用 FAROの3次元測定器で品質向上、工期短縮、競争力強化 を期待

エネルギー:東芝電力検査サービス株式会社
タービンの据付や定期検査などの場合、主に機器を設定するためおよび部品のリプレース等のために測定を行うことになります。従来の計測方法では、現場でのセットアップや正確な測定結果を得るために時間がかかり、かなりの工数がかかっていました。そこで、東芝電力検査サービスでは、あらゆる現場に持ち運びでき高精度に計測できる、FAROポータブル3次元測定器を導入しました。

モータースポーツを楽しむことを通じて 成長するOFRAC、FaroArmでレース用車体製作の工数削減を実現

教育、自動車: 大阪大学フォーミュラレーシングクラブ
大阪大学フォーミュラレーシングクラブ、OFRAC (Osaka University Formula Racing Club)は、2003年に発足しました。モータースポーツの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えることを目標の一つとして、日々のものづくりに携わっています。初開催の2003年大会では最下位(17位)だったものの、その後順位を上げて2010年に初優勝、昨年まで上位入賞を続けています。また、2011年にオーストラリア大会への参戦も果たしました。

アカウントのご登録