fbpx
  • 絞り込み:

オンラインセミナー: 建築現場で高速に高精度の3Dスキャンを実現 BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)に3Dデータを活用

このオンラインセミナーでは、建設業界において、さまざまな重要な測定業務を行う際に使用可能な最新の3D レーザースキャンテクノロジーをご紹介します。この用途には、2D図面の作成や構造検査、3D建築物モデリングが含まれます。プロセスを簡素化し、生産性を向上させるワークフローの一環としての3Dレーザースキャニングソリューションの使用方法についてご説明します。

業界動向

ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)は、数十年にわたり、都市計画やインフラ構築に使用されてきました。最近、スキャンテクノロジーの向上と、3D建築物モデルの作成を容易にするソフトウェアの導入拡大により、BIMの活用はますます拡大しています。これを建設や開発プロセスにおいて、プランや検査プラットフォームとして使用することで、企業は目に見える非常に大きなメリットを享受することができます。その結果、政府や民間企業においてもBIMの活用はますます広がっています。

BIMで使用するモデルの作成に向けた最初のステップは、プロジェクトエリアの既存のインフラやビルを3Dデジタルドキュメント化することから始まります。これまでは、トータルステーションや巻尺などを使って、測定点をマニュアルで登録して計測を行っていました。その後、完全な建物のモデルを作成するための点の結合は、ソフトウェアを通して行います。トータルステーションやその他の方法では、現場での測定点の取得は、手間がかかるにもかかわらず正確さに欠け、時間のかかる作業でした。レーザースキャンテクノロジーの出現により、レーザースキャナーは、精度の向上とスキャンの高速化を実現し、構造物をスキャンしてそれらの点群を現場の図面に変換するため、トータルステーションや従来の測定機器の代わりに使われるようになりました。建設業界におけるプランや開発プロセスの一環として、BIMの活用が広がるにつれ、レーザースキャナーの導入も飛躍的に伸びてきたのです。

トピック

  • BIM分野のトレンドと課題
  • FAROソリューションの概要
  • 3Dスキャンと従来の計測方法との比較
  • 3Dスキャンから成果物を得るまでの合理化されたワークフロー
  • 2D図面の作成
  • 構造検査
  • 3D建築物モデリング
  • 導入事例

関連業界

  • 建築
  • 建設・土木
  • エンジニアリング
  • 設備管理
  • 遺跡保全
  • 測量

アカウントのご登録
パスワードの再設定