fbpx
  • 絞り込み:

品質検査とアセンブリのためにIndustry 4.0を活用

効率向上とコスト削減のために技術支援システムを利用

「Industry 4.0」は2010年代に製造業界で最も頻繁に使用された業界用語であった可能性が高いでしょう。短期間の流行りではないことは確かですが、この現象が世界中で完全に受け入れられるようになるまでにはまだ少しかかるでしょう。

ほとんどの人にとって、Industry 4.0とは、主に、実際に全ての機器が接続されているというモノのインターネット(IOT)や、どうやってその機器同士が互いに「話す」かということを表わしています。それも事実かもしれませんが、Industry 4.0を特徴づけるもう1つの原則も(より明確かは分かりませんが)同じくらい明確です。

接続することにより情報が透明になり、それにより膨大な量のデータの収集と共有が可能になります。Industry 4.0は分散型意思決定が特長でもありますが、そこではサイバーフィジカルシステムが特化した領域内で自立した作業者のように働き、人間の仲介を必要としない業務を実施します。そして、人間を必要とする場面では、Industry 4.0がその役割を、技術支援システムを通して、マシンのオペレーターから問題解決者へと移行させします。

アカウントのご登録
パスワードの再設定