• 絞り込み:

「消えゆく」文明の3Dデジタルドキュメント化

時間との闘い – FARO、文化遺跡保存をサポート

遺跡調査: 浙江大学文化遺跡研究所
緻密に削られた洞窟、仏塔や寺院、石碑や石像が散りばめられた記念碑など、史跡に感嘆の声を上げる時、その場所に関わらず、人は、環境が静かにゆっくりと非可逆的にその美しさ全てを摩耗していきつつあるという事実に気が付くことは少ないでしょう。肉眼でははっきりとは分かりませんが、最大限の注意が払われている博物館に置かれた歴史的遺物でさえも、同じことが言えます。時間の経過につれて、卓越した価値を持つこれらの文化遺産は継続して劣化し続けるという事実を、考古学者や自然保護活動家は受け入れなければなりません。

かつて、文化遺跡考古学のデジタル処理技術は、絶対に必要ではないが、あれば喜ばれる飾りのようなものだと考えられてきました。しかしながら、現在、デジタル処理技術は考古学者の基礎作業工程の根幹となっており、情報を記憶する重要な手段となっています。文化遺跡のデジタル化により、人類は正確に遺物を記録できるようになり、モノの歴史的、文化的、技術的価値と共にその情報を後世へとデータという永続的な形態で伝えることができるようになりました。

アカウントのご登録
パスワードの再設定