fbpx
  • 絞り込み:

3D点群データからの既設構造物デジタルドキュメント化へのワークフロー

近年、3Dレーザースキャニングは既設構造物のデジタルドキュメント化に際し、短時間で信頼性の高い正確な結果を提供できるため、さまざまな分野で導入が進んでいます。

プロセス産業とプラントの配管設計、施設管理においては、配管の自動抽出や既設構造のモデリング、既存の施設、プラントのフロアプラン、階層のデジタルドキュメント化といった用途で使用されています。

点群データから必要な情報を引き出すためには、高度なモデリング技術が要求されます。そのため、モデリングはCADソフトウェア上で行われ、使いやすいワークフローが求められます。計画からモデリングまで一つのソフトウェアでできることが理想です。

このオンラインセミナーでは、実際の使用例を提示しながら、多くのユーザーが利用しているワークフローをご紹介します。多くの場合において、従来の方法に比べて作業時間とコストが削減されています。

また、kubitのソフトウェアを使って、FAROのレーザースキャナーで取得したスキャンデータを直接AutoCADやRevitに取り込むプロセスもご紹介します。早く正確で使いやすいワークフローは、測量やレーザースキャニングを職業としていない方にとっては重要な要素です。

このセミナーは測量や配管設計に携わるエンジニアやマネージャー向けのセミナーです。

トピック

  • 3Dレーザースキャナーの概要
  • プロセス産業、プラント、配管設計(PPP)における用途
  • PPPでのフィールドワークからデータ処理までの一貫したワークフロー
  • レーザースキャンデータからの抽出物
    • 3D CADモデル
    • 接続
    • 構造分析
    • アイソメトリックス
    • 干渉調査
    • 設備分析
  • PPPにおいてレーザースキャニングを使用する利点

アカウントのご登録
パスワードの再設定