• 絞り込み:

3Dレーザースキャナーを使った測量

測量というのは世界で最も古い専門的な分野の一つです。1900年ごろ、距離や角度を測るためにガンターチェーン、コンパス、トランシットなどの機器を使用していました。それ以来、測量機器は徐々に進化を遂げ、今日では、デジタルレベル、デジタルセオドライト、トータルステーションや衛星測位システムなどが測量に使用されています。コンピューターの進化に伴ってソフトウェアも急速に発達し、さまざまな選択肢が生まれ、簡単に短時間でタスクが完成することとなりました。

地上型3Dレーザースキャナーは最新の技術であり、測量分野では徐々に浸透してきています。特に、地形や既設構造物の分析、体積・面積計算、モニタリングなどの一般的測量用途において、使用用途が広がってきています。3Dレーザースキャナーは複雑な環境や地形の3D点群データを詳細に生成する、たいへん進んだテクノロジーです。

取得した点群データはレーザースキャナーのソフトウェアで処理され、等高線とメッシュの作成、体積計算、現況と断面の作成が可能です。

このオンラインセミナーでは、ジオマジックソフトウェアを使い、FARO Focus Laser Scannerが取得したスキャンデータをどう処理できるのかをご紹介します。たとえば3Dでのレポート作成、メッシュ作成、2D図面/3D形状の抽出などが簡単にできます。また、モニタリング、現状の3Dモデリング、ダウンストリームへの移行などで3Dデータを扱う方法もご覧いただけます。

トピック

  • 測量機器の進化
  • 3Dレーザースキャナーの主な用途
  • 一般的な測量におけるフィールドワークからデータ処理への一貫したワークフロー
  • ソフトウェア ◦データインポート
  • 3D測定レポートの作成
  • メッシュの作成
  • 2D図面と3D形状の抽出
  • 既設構造物のモデリング
  • モニタリング用3Dデータ

アカウントのご登録
パスワードの再設定