3D化は指先で:屋内、屋外問わず、短時間で正確な3D点群データが取得可能

レーザースキャナー市場において最も小型で最も軽量、Focus3D X 330 は屋内外を問わず、さまざまな用途に使用可能な3Dスキャナーです。高速、高精度なFocus3Dは簡単な操作にもかかわらず、プロフェッショナルモデルとして望まれる全ての機能を搭載しています。 Focus3D X 330  は330mまでの長距離測定が可能、Focus3D X 130 は130mまでの中距離測定に最適です。

Focus3D X 330は、測定範囲最大330m(半径)という長距離測定用で、Focus3D X 130は、測定範囲最大130m(半径)までの正確なスキャンを実施する中距離測定用レーザースキャナーです。HDRイメージング機能と高解像度の写真により、素晴らしい画像品質で、細部まで現実に忠実なスキャン結果を提供します。

レーザースキャナー Focus3D X 30は、測定範囲最大30m(半径)となっており、インドアスキャン用途のニーズに特化して設計された、短距離測定用レーザースキャナーです。

全スキャナーは直射日光下でもスキャンが可能です。また、リモートスキャン機能とSCENE Webshare Cloudを経由してほぼ無制限のデータ共有ができることで、レーザースキャンは真にポータブル性が高まりました。

FARO Laser Scanner Focus3D

Focus3D X 330 HDR

Focus3D X 330 HDRは、小型・軽量の長距離測定用3Dスキャナーです。直射日光下でもスキャンでき、GPSにより個々のスキャンの位置が簡単に把握できます。屋外での用途に最適です。HDRイメージングとHD写真解像度により、最高品質のデータと細部まで忠実なスキャン結果が確実に取得できます。

範囲誤差:±2mm

測定範囲:0.6m~330m

50%ノイズを軽減

HDR写真オーバーレイ

カラーで最大165メガピクセルのHD写真解像度を実現

スペックシート

Focus3D X 330

Focus3D X 330 は、特に屋外の使用用途に適した測定器としてデザインされています。小型、軽量、長距離測定が可能で、直射日光下でも、最大330m離れた場所にある対象物をスキャンできます。

GPS受信機の搭載により、個々のスキャンのつなぎ合わせは、測量ベースの用途に最適なものとなっています。

測定範囲:0.6m - 330m

レーザークラス:クラス1

波長:1550nm

スペックシート

Focus3D X 130 HDR

Focus3D X 130 HDRはポータブルで、高速、簡単かつ正確に対象物やビルを測定できます。また、建築物の立面、複雑な構造物、製造ラインやサプライ施設、事故現場や大型部品も測定でき、細部まで現物に忠実なスキャン結果を提供します。

範囲誤差:±2mm

測定範囲:0.6m~130m

50%ノイズを軽減

HDR写真オーバーレイ

カラーで最大165メガピクセルのHD写真解像度を実現

スペックシート

Focus3D X 130

Focus3D X 130 は建物などを正確に短時間で測定するのに最適な、中距離用のハイスピード3Dスキャナーです。建物の立面図、複雑な構造物、生産施設、事故現場や大型部品などの3Dデジタル化に最適です。

範囲誤差:±2mm

レーザークラス:クラス1

測定範囲:0.6m~130m

ノイズ除去:50%

波長:1550nm

スペックシート

Focus3D X 30

Xシリーズ・レーザースキャナーのエントリーモデルは、対象物や建造物を迅速、簡単かつ正確にスキャンできます。画像データ取得にかかる時間を削減することで、小規模建築の外観、複雑な構造物、生産供給設備、事故現場を非常に迅速に記録できます。

範囲誤差:最大±2mm

測定距離:0.6m~30m

優れたコストパフォーマンス

テックシート

Video
FARO Laser Scanner
Focus3D X 330

 
FARO Focus3D X

FARO Laser Scanner Focus3D

FARO Laser Scanner Focus3D