犯罪現場の解析

Prev
 
Next

捜査官が3Dで犯罪現場の状況を把握する際は、FARO® Laser Scannerが最適です。タッチスクリーン上で操作するだけで犯罪現場全体を正確に記録するため、短時間で作業が完了し、現場をもとの通りに戻すことが可能です。

犯罪現場のスケッチやメモに代わって、3Dデジタルドキュメントを使用することで、目撃者の証言や仮説の評価をするために犯罪現場を何度でも復元することができます。科学捜査官は、視線、血液の飛散状況、弾丸の軌道を正確に分析でき、監視ビデオから犯罪者の身長を想定するというようなことも可能になります。

 用途概要に戻る

犯罪現場の解析

犯罪現場の解析

関連製品

FARO ScanArm

接触・非接触測定が可能なポータブル3次元測定システム

詳細はこちら

FARO Laser Scanner Focus

レーザースキャナーシリーズ- AEC、公共の安全と科学捜査やプロダクトデザインにおける3Dデジタルドキュメント化に最適なスキャナーです

詳細はこちら

FARO Reality

2Dおよび3D作図ソリューション

詳細はこちら

FARO HD CSI

クライムシーン・フレームワーク

詳細はこちら