リバースエンジニアリング

Prev
 
Next

リバースエンジニアリングは、部品または対象物を迅速にデジタル化し、サーフェスCAD モデルを作成することによって、製品を再現することです。

CAD データがない場合のCADデータの作成、また既設構造物を3Dデジタルドキュメント化する場合などに使用します。

FARO のポータブル3次元測定器や 3D デジタルドキュメント化 ソリューションによる非接触型 3D レーザースキャニングを用いることで、3D モデリングのプロセスすべてが一つの測定器で可能になります。FARO の非接触型測定ソリューションは、自動車インテリアのバーチャルシミュレーション、プラスチック製造におけるラピッドプロトタイピング、および航空宇宙アセンブリー内の複合体表面検査など、さまざまなリバースエンジニアリング用途に最適です。

 用途概要に戻る

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリング

関連製品

FARO Laser Scanner Focus

レーザースキャナーシリーズ- AEC、公共の安全と科学捜査やプロダクトデザインにおける3Dデジタルドキュメント化に最適なスキャナーです

詳細はこちら

FARO ScanArm

接触・非接触測定が可能なポータブル3次元測定システム

詳細はこちら

ソリューションカタログを
ダウンロード