科学捜査

Prev
 
Next

犯罪の発生後は、事件の証拠が劣化したり喪失することを避けるため、極めて短時間の内に急いで現場を調査する必要があります。FARO®レーザースキャナーは、詳細な3D点群にカラー画像を重ねて記録するため、現場を迅速にスキャンすることによって、証拠の劣化や喪失というリスクを軽減することができます。この3次元データを使っての科学捜査のための3Dデジタルドキュメント化により、現場の証拠が片づけられる前に現場全体を保存することができます。このデジタル証拠によって、科学捜査官は視線や弾丸の軌道、血液の飛び散り方などについて、後日現場を再現し調べることができます。3Dスキャンによって犯罪捜査は、現場スケッチからデジタル科学捜査へと変わります。

デジタル科学捜査の発展のおかげで、事故調査でも3Dレーザースキャナーで取得した3Dデータを使用し、事故の3Dシミュレーションを通じて、完全にデジタル化された事故状況を再現できます。FARO 3Dレーザースキャナーによって、科学捜査ツールは2Dから3Dへ飛躍します。

 業界概要に戻る


関連製品

FARO ScanArm

接触・非接触測定が可能なポータブル3次元測定システム

詳細はこちら

FARO Laser Scanner Focus

レーザースキャナーシリーズ- AEC、公共の安全と科学捜査やプロダクトデザインにおける3Dデジタルドキュメント化に最適なスキャナーです

詳細はこちら

FARO Reality

2Dおよび3D作図ソリューション

詳細はこちら

FARO Blitz

今までに開発された中で最も有効な2D犯罪科学捜査用パッケージの一つ

詳細はこちら