犯罪現場捜査

これまで以上に迅速かつ安全に証拠を回収、記録。
科学の力で正確な犯罪情報を得て捜査に役立てます。FAROのソリューションがそれを可能にします。

迅速かつ正確な犯罪現場の科学捜査

ほんの数秒か数分の間に起きた犯罪でも、犯罪科学に必要な貴重な情報がその間に残されています。血液や衝撃の痕跡から弾丸による欠損にいたるまで、すべてを正確かつ慎重に捜査して文書化する必要があります。また、犯罪現場の現状保存がなんらかの要因に左右される場合を想定し、最初に犯罪現場の証拠を可能な限り完全に捕捉し、処理することが非常に重要です。

犯罪現場や放火現場を分析する時に捜査官が必要な徹底したデータに基づく文書化に3Dスキャンと現況キャプチャが使われる頻度が増えています。情報をデジタルで保存すれば、犯罪科学捜査官は、細かい部分まで確認し、その情報をチームメンバーと共有し、何度でも仮想的な犯罪現場で証拠を評価できます。
論文

警察はレーザースキャンツールを使用して銃乱射を記録して再現する

米国の法執行機関は、FARO Focus レーザースキャナーを使用して、犯罪現場を保存し、クリーブランドやサンバーナーディーノでの銃乱射に関連する重大な証拠を収集します。
  • ソリューション

  • リソース

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

SCENEソフトウェア

リアルタイム現場登録、自動オブジェクト認識、スキャン登録、ポジショニングを使用して、スキャンデータを処理、管理します。

FARO Zone 3Dソフトウェア

2D/3D図面、分析、アニメーション、ビデオを使用して、魅力的なビジュアルを生成します。

Freestyle 2ハンディスキャナー

超高速応答のリアルタイムディスプレイを使用して、高速で写真のような3D現況キャプチャができます。
ウェビナー

公安と科学捜査の3Dスキャンのベストプラクティス

あらゆるシーンでフォーカスレーザースキャナーを最大限に活用するための役立つテクニックとベストプラクティスをご紹介します。
ウェビナー

調査員のためのスマート3Dワークフロー

FARO SCENE ソフトウェアは、レーザースキャニング機能を次のレベルの成功に導きます。
ビデオ

FAROゾーン3Dを満たす

この概要では、ソフトウェアを使用できるシナリオの例を示します。
ウェビナー

犯罪や墜落現場でのハンドヘルド3Dスキャナの使用

ハンドヘルドスキャナーは、シーンの調査と再構築に新たなレベルの3Dキャプチャをもたらします。

ソリューション

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

SCENEソフトウェア

リアルタイム現場登録、自動オブジェクト認識、スキャン登録、ポジショニングを使用して、スキャンデータを処理、管理します。

FARO Zone 3Dソフトウェア

2D/3D図面、分析、アニメーション、ビデオを使用して、魅力的なビジュアルを生成します。

Freestyle 2ハンディスキャナー

超高速応答のリアルタイムディスプレイを使用して、高速で写真のような3D現況キャプチャができます。

どのソリューションが犯罪現場捜査に適しているか迷っているお客様

エキスパートにお問い合わせください