警察

FAROレーザースキャナーなどのポータブル3Dレーザースキャナーを使うことで、警察官や犯罪現場の捜査官などが事故調査および犯罪現場の再現のために、現場の詳細を正確に記録できます。事故後の交通規制を発生させることなく、犯罪現場の証拠をしっかり記録します。

3Dレーザースキャナーが取得する高精度で詳細な点群データにより、捜査官は3Dモデルを作成して現場の正確な測定値の抽出などの分析を行ったり、犯罪や事故の3Dシミュレーションを作成して、訴訟の時に使用することができます。

現代のシャーロックホームズ
3D スキャンニング技術と科学捜査が出会う

公共の安全/科学捜査:中国南方医科大学
Zhao 教授は、3D スキャニングソリューションは捜査官が事件分析や証拠提示を行う際に、有利な状況を提供してくれると堅く信じています。1つには、高精度 3D 点群データにより、実際に事故現場を再現でき、事務所に座っていながらも、事故がどのように起きたのかを「ウォークスルー」できます。

FAROパートナーの同済大学による 事故再現研究 自動車メーカーにおける安全性向上への貢献

教育・研究: 同済大学 自動車行程大学院 (中国・上海市)
通常、衝突事故を再現するための分析を行う場合、人・車・道路・環境の4 つの要素が含まれます。事故を正確に再現して調査するためには、迅速かつ徹底的に証拠を収集する必要があります。事故を正確に分析するうえで、正確で包括的なデータは欠かせません。

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x