FARO® Focus レーザースキャナー

レーザースキャナーシリーズ- AEC、公共の安全と科学捜査やプロダクトデザインにおける3Dデジタルドキュメント化に最適なスキャナーです

FARO<sup>®</sup> Focus レーザースキャナー
 

Focus Laser Scanner 導入事例

さまざまな導入事例により、企業がFAROのソリューションをビジネスにどう活用しているかをご紹介します。企業が直面している課題を解決するためにどのようなソリューションを選択し、投資回収や効率向上にどう取り組んでいるか、ご覧いただけます。

 

信頼できるFARO 3Dスキャン技術が都市トンネルのモニタリングを保証

測量: 南方高鉄
掘削の過不足の計測において、通常、この時点での線路はまだ敷設されていません。3Dレーザースキャナーをトンネル内に設置し、掘削の過不足を検測する必要がある箇所をスキャンします。同時にトータルステーションを使用して、ターゲットからの座標点を収集し、絶対座標に変換します。

FAROは次のステージへ。従来型の建設会社のための新しいコンピテンシー を実現します

建設・土木:舜元建設本社(中国・上海)
プロジェクトのオーナーは、レーザースキャナーを使って現場の点群モデルを作ってほしいと言ってきました。そうすれば、リノベーションプロセスでBIM技術を活用し、電気機械の配管やあき高などが最適化できるからです。

FAROにより、海洋測量企業がタンカー貨物倉の正確な計測を実現

造船:Intertek Testing Services Korea Ltd.
FARO Focus3Dへの導入以来、Intertekは、過去に直面していたいくつかの困難な課題を克服できました。例えば、旧式タンカーに関しては、顧客が設計図面を持っていないことがよくあります。FARO Focus3Dがあれば、迅速かつ簡単に船舶のさまざまな部分を正確に計測でき、トータルステーションでは困難な丸い曲線部分でもデータ取得できます。現在、Intertekは、造船所において、主に新規造船プロジェクトと既存船舶の貨物倉容量計測のために、FARO Focus3Dを使用しています。

FARO 3D Laser Scanner、治金業界および鉄鋼業界向けの高温材料浸食検査の効率を最大限に向上

デジタルファクトリー・治金:Hangzhou Pucheng Teddy Industrial Co., Ltd.
PUTEDYは、製鋼取鍋および製鉄取鍋の熱間鍛造寸法検査にFARO Focus3D X 130スキャナーを利用しており、 耐火材の変化を定期的に監視し、いつ材料充填が必要かを判断しています。技術チームは、Focus3D X 130 を採用して、高温対象物の非接触式測定を実施できる長距離3Dスキャニングシステムを開発しています。1つのボタンをクリックするだけで、オペレーターはスキャン、データ分析、計算ができ、スキャン結果を見栄えよく表示し、自動ストレージ管理も同時に行えます。非効率と考えられていた従来の検査ワークフローと比較して、これは著しい改善と言えます。

アカウントのご登録
パスワードの再設定