• 絞り込み:

地上型3Dレーザースキャナーによる文化遺産保存への挑戦

文化財分野において、レーザースキャナーを使用し、文化遺産をデジタルデータとして保存する方法は、世界中に普及してきています。文化財専門家は、FAROの地上型3DレーザースキャナーとGexcel社のスキャンデータ処理ソフトウェアを使用して、最新かつユニークな、データ解析を行っています。

地上型3Dレーザースキャナのアプリケーションは、文化遺産の分野では最新の技術です。

そこで、本オンラインセミナーでは、文化財に関わるすべての人が、文化財の修復・復元プロジェクトを効率よく進められるよう、オルソ画像、立面図、平面図、断面図などを作成することができる、簡単かつ直感的なワークフローを提供します。

トピック

  • FAROスキャナデータを使用したワークフロー
  • 大量の点群データ管理と高密度な点データの取得
  • 事例
  • 2Dデータ抽出: 平面図、断面図、立面図
  • 正確かつ高精細なオルソ画像とソリッドイメージ
  • 復元作業と主題図作成の実演
  • 3Dテクスチャライズモデル
  • 主題図からの指定エリア計算
  • 3Dムービーの作成

アカウントのご登録
パスワードの再設定