寸法解析

機械加工されたパーツはさまざまな形状やサイズのものがあり、その精度や品質を検証し、部品検査や寸法解析用を行うために、汎用性の高い3次元測定器が必要です。

多くの機械工場では、アーム型3次元測定器やレーザートラッカーのようなFAROのポータブル3次元測定器を導入しています。製造現場や加工機上での検査、CAD比較のようなさまざまな測定ニーズに対応可能で、精度が公差内に収まっているかが確認できます。

2人がかりで1時間を要した作業が、FaroArmにより1人で5分に短縮

金属加工:旭洋金属工業株式会社
Armの導入効果は精度に対する信頼だけではありません。設計から完成品までのトータルリードタイムを劇的に減らすことができたのです。例えば、導入前に2人がかりで1時間を要した作業をたった1人で、しかも5分で終えることができるようになりました。

FARO: レーザースキャナーを使い、0.003インチの測定を実現

航空宇宙: HIZEAERO Co. Ltd.
チタンフォイルとは、厚さがわずか0.003インチ(0.076mm)しかない超薄型チタンフィルムで、この供給は、生産においても、検査においても、Hizeaeroチームに大きな課題を課すことになりました。この課題こそが、HizeaeroがFARO ScanArmに投資する大きなプッシュ要因だったのです。

文化財調査や建物のバーチャル保存に 博物館を支えるFARO Laser Scanner Focus3D

教育、遺跡保存:栃木県立博物館
古墳や石室などの調査記録は、これまで図面や写真で残してきました。しかし、写真はひずみがあり、図面は要所の寸法しか記録できません。3Dスキャナーで点群データを残しておくと、後から必要な部分の寸法を測ったり、正確な形状を観察したりと、記録の情報量が大幅に高まります。

レーザースキャンによる 最先端の古墳研究、3Dデータの活用が考古学を大きく変える

遺跡保存:岡山大学 考古学研究室/関施工管理事務所
岡山大学考古学研究室の新納(にいろ)泉教授は、レーザースキャナーで古墳の3次元測量を行い、3Dデータを活用して詳細な等高線を作成、古墳の研究をしています。3次元測量は岡山県岡山市の有限会社関施工管理事務所の関氏の協力でFARO Laser Scanner Focus3Dを使って行い、大規模点群活用ソフトウェア「InfiPoints」を利用して処理したデータを使用しています。

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x