橋梁

橋の整合性や安全性を守るために非常に重要な要件として、橋の建設と図面化の際に、エンジニアはコンクリートやスチール部分の寸法を正確に測定する必要があります。

FARO®レーザートラッカーや3Dレーザースキャナーを使用する事で、土木技術者は迅速かつ簡単に応力・ひずみのモニタリング、既設建造物の正確なCADモデルの作成、施工計画図の作成、ひずみ検査の為の応力計測点の作成などが可能になります。

ウェブサイトを更新しました。

以前ご登録いただいた方も、改めてごご登録をお願いします