ロボットキャリブレーション

Prev
 
Next

毎日プログラム化されたルーチンを実施していると、ロボットは時間が経つにつれて最初のパスから外れる傾向にあります。ロボットの精度を保証するためにはリキャリブレーションが必要で、これにより生産ラインの信頼性が向上します。

航空宇宙や自動車といった業界では、FAROのレーザートラッカーやアーム型3次元測定器により、マウントからロボットを外さなくても、測定データの収集や現場にある大型製造ロボットのリキャリブレーションが可能です。

 用途概要に戻る

  • FARO Laser Trackerでロボットのポジショニング

    重機・建機: Kuka Roboter
    Kuka のロボットは007映画「ダイ・アナザー・デイ」にも登場しピアース・ブロスナン、ハル・ベリーと共演した。顧客のニーズに合わせ特注されるKukaのロボットは最高の精度を達成しなければならない。その位置測定と認証が、重要な役割を果たす。

ロボットキャリブレーション

ロボットキャリブレーション

関連製品

FARO Laser Tracker

画期的な生産性と携帯性を実現

VantageS:最大80mまでの短距離~長距離測定

VantageE:最大25mまでの短距離~中距離測定

詳細はこちら