自動車

Prev
 
Next

車の性能や質の高いデザインを確保するために、FAROの3次元測定ソリューションにより、自動車製造および組立時の品質管理に、シンプルでありながら正確な接触測定および非接触測定が可能です。

多関節型のポータブル3次元測定器は、ラピッドプロトタイピング、車体パネルの解析やホワイトボディの検査に使用されます。広範囲レーザートラッカーは、アライメント、ロボットキャリブレーションや初回品検査に最適です。既設構造物のデジタル化と工場のレイアウトプロジェクトに関しては、FAROの3Dレーザースキャナーが理想的なソリューションです。

FAROの3次元測定ソリューションは、スポーツカーや高級車であっても実用車であっても、自動車検査やモデリングといった用途に最適です。

 業界概要に戻る

  • やりたいことを形にする楽しさをDesign ScanArmがサポートする車造りの夢

    プロダクトデザイン:ムーンクラフト株式会社
    以前は、黒物などの測れない部分はスプレーを吹き付けたりしていましたが、カーボン繊維は網目の間にスプレーが入りこむため使えません。その場合は黄色いマスキングテープを使用していましたが、デザインが複雑で貼るのに時間がかかります。「とにかく黒いものに強いスキャナーがほしくてDesign ScanArmに決めました」というムーンクラフトでは、最大で50%以上の時間短縮を実現しています。
  • カーシートの快適さと安全性を実現する精度基準を採用

    自動車:Chongqing Yanfeng JohnsonControls Automotive Components Co., Ltd.
    製品品質を確保するため、YFJCはカーシート製造過程のあらゆる側面に目を光らせており、シートフレーム、フォーム、カバーそしてアセンブリにおける適切な検出基準に非常に厳しい管理を課しています。FaroArmは部品とシートフレームのアセンブリの検査に主に使用されています。
  • カルソニックカンセイ・コリア社、FAROの使用により測定効率を5倍に向上

    自動車:カルソニックカンセイ・コリア社
    創業以来、カルソニックカンセイ・コリア社は、主に据置型3次元測定機(CMM)、およびノギスやRゲージ、形状検出ツールなどの従来の測定方法で品質管理を行ってきました。しかし、2次元の測定機器は対象物を測定するのに長い時間がかかり、測定誤差にばらつきがでることがありました。また、据置型3次元測定機には不十分な点もあり、たとえばプレス部品やパイプ上のカーブや輪郭を測定するのが困難で、正確な結果を得ることができませんでした。


Download Automotive Solution Brochure

ソリューションカタログを
ダウンロード

自動車業界における品質管理とR&Dの用途でのFAROソリューションについての詳細はこちら

→ 今すぐダウンロード


オンラインセミナー: 自動車業界における現場での測定

オンラインセミナー

自動車業界における現場での測定

セミナーの閲覧お申込み


関連製品

FARO ScanArm

接触・非接触測定が可能なポータブル3次元測定システム

詳細はこちら

FARO Laser Tracker

画期的な生産性と携帯性を実現

VantageS:最大80mまでの短距離~長距離測定

VantageE:最大25mまでの短距離~中距離測定

詳細はこちら