製造現場

製造現場
製造現場
製造現場
製造現場

精度の高い部品を迅速に加工することは、受注生産企業の成功に不可欠です。効率化と納期の短縮のために、多くの受注生産企業がレーザートラッカーや測定アームなどのFAROのポータブル3次元測定器を導入しています。これらは治工具のセットアップなど、検査工程、寸法解析および部品の3Dモデリングといった用途に使用され、部品加工の全体的な品質の向上に役立っています。 

FAROレーザートラッカーやFaroArm®などの3次元測定器を使って製造工程内検査や機上測定を実現することによって、工作機械やCNC機械の動作を改善し、生産効率が大幅に向上し、結果として膨大な時間とコストを削減します。

 

 

FAROにより、シートメタル製造業者が60%時間短縮を実現

精密シートメタル製作: Veer-O-Metals
当時、Veer-O-Metalは測定業務の多くをノギスやマイクロメータに頼っていました。しかしながら、このような手動式測定器には限界があります。メタルパーツには、小さな部品で10x10cmのものから大きくなると3x3mのものまであります。ドアフレームのような大型パーツの測定を行う技術者は、一般的に作業を終えるのに丸1日かかっていました。

FAROの3次元測定ソリューションを使い、精密機械加工メーカーが社内能力を拡張

機械加工: TOOLCON Systems
「人間工学に基づいて設計された7軸のFaroArmにより、以前はその他のソリューションでは届かなかった箇所も測定できるようになりました」とMungade氏は述べています。「さらに、FaroArmの携帯性により、対象物を検査器まで移動させる必要もなくなりました。これは当社の生産性レベルの改善だけでなく、製品品質の改善にも役立ちました」

FARO測定ソリューションにより、自動車システムインテグレーターが総合的な品質保証を実現

インテリジェント製造:Guangzhou MINO Automotive Equipment Co., Ltd.
MINO Equipmentは、アセンブリ前、アセンブリ中、納品後という3つの別々の段階にスキャナーを配置し、その全製造過程に渡り、FaroArmに頼っています。第1段階では、アセンブリ過程前に大型部品を測定し、不良品を最低限に抑えるため、形状公差(例、精度、穴の距離など)を検査しています。次に、システムや機器の組み立てが約90%完了した時に、機器統合段階でFaroArmを使用しています。この段階で、固定冶具と車両生産ラインの位置決め精度を確認し、溶接精度を確実にします。

2人がかりで1時間を要した作業が、FaroArmにより1人で5分に短縮

金属加工:旭洋金属工業株式会社
Armの導入効果は精度に対する信頼だけではありません。設計から完成品までのトータルリードタイムを劇的に減らすことができたのです。例えば、導入前に2人がかりで1時間を要した作業をたった1人で、しかも5分で終えることができるようになりました。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x