FARO® As-Built™ Solutions

FARO As-Builtは、リアリティキャプチャデータを完全に効率よく、AutoCAD®またはAutodesk® Revit®設計ツールを使ってパラメトリックモデルに変換するための革新的かつ費用対効果の高いソフトウェアです。

FARO<sup>®</sup> As-Built™ Solutions
 

As-Built for Autodesk® Revit®:BIM向けのスキャンデータ抽出の効率を向上

FARO As-Built for Autodesk® Revit®は、Revit®でのオブジェクトやBIMモデルを使い、3DスキャンデータをAutodesk® Revit®で直接処理するため、迅速かつ直感的なワークフローを提供します。大容量の点群データを取り扱うRevit®ユーザーを完全にサポートするものであり、使い慣れたRevit®ユーザーインターフェイスともシームレスに統合します。BIM要素のモデリングやディテーリング用の特別コマンドを含む、3Dスキャンデータのさまざまな検証機能が特長です。

概観の簡単な把握を約束
断面図管理機能により、現在の表示に関わらず、Autodesk® Revit®内で点群をクロップでき、階層別点群断面図により、より正確な配向が可能になりました。FARO SCENEユーザーは、Planar-、Quick-、3D-Viewを使い、Revit上でFARO As-Builtを使って直接作業できます。これにより、配向も簡単になり、処理精度が増します。ユーザーはスキャナーデータを簡単に管理、ナビゲートできます。

干渉検知機能の向上
干渉検知機能の向上により、AutoCADやRevitで直接点群データを使って自動干渉検知ができ、Autodesk Navisworksのようなソフトウェアに切り替えなくても干渉検知を行うことができます。最終的に、より一貫性の高いモデルを実現できるので、予定建築物に再設計の必要があるかを容易に検査でき、再作業に関する問題に直面することが少なくなります。

Revit®内で直接3Dスキャンデータを直接処理
FARO As-Builtは、さまざまな3D構築アシスタントが利用できます。このアプリケーションと3Dポイントスナップを使うことで、Revit®作業平面を使わなくても、点群上に、3Dモデルラインと構築点を作成できます。モデル平面を交差できるので、正確な交差ラインと交差ポイントを作り出すことが可能です。また、直接、点群上で、位置合わせした作業平面を作成することもできます。

自動機能により、時間もコストも削減
FARO As-Built for Autodesk® Revit®によって、壁、パイプ、ビームや柱のような鉄骨構造要素も迅速かつ正確に作成可能です。異なる壁の厚みに対して壁タイプが自動で作成されます。壁アライメントツールを使うと、選択した壁セグメントをモデル全体に整列や修正・訂正することが可能です。その他の機能には、床の不整による変形した床スラブの自動作成、地面の作成(トポサーフェス)などが追加されています。スキャンデータからのパイプ導管や鉄骨構造要素をモデリングする機能を使うことで、現状データの取得が可能です。

モデルと実物を比較
表面分析により、点群とRevit®モデルを比較できます。分析結果はカラーマップとして視覚化でき、プロフィールラインとしてエクスポートするか、データベースへエクスポートできます。プロフィールラインから、複雑な地面モデルや詳細なモデルコンポーネントと共に作成できます。

Family Editorでスキャンデータのダイレクト操作
FARO As-Builtにより、Revit® Family Editorで3Dスキャンデータを直接使用できます。点群エリア、平面スキャン表示や正確なオルソ写真を使用すると、ドアや窓、または柱や配管などのオブジェクトは簡単に作成できます。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x