fbpx

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリング
リバースエンジニアリング
リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングは、部品または対象物を迅速にデジタル化し、サーフェスCAD モデルを作成することによって、製品を再現することです。

CAD データがない場合のCADデータの作成、また既設構造物を3Dデジタルドキュメント化する場合などに使用します。

FARO のポータブル3D測定器や3Dデジタルドキュメント化ソリューションによる非接触型 3D レーザースキャニングを用いることで、3D モデリングのプロセスすべてが一つの測定器で可能になります。FARO の非接触型3D測定器 (FARO Design ScanArm) は、自動車インテリアのバーチャルシミュレーション、プラスチック製造におけるラピッドプロトタイピング、および航空宇宙アセンブリー内の複合体表面検査など、さまざまなリバースエンジニアリング用途に最適です。

やりたいことを形にする楽しさをDesign ScanArmがサポートする車造りの夢

プロダクトデザイン:ムーンクラフト株式会社
複雑なデザインのリバースエンジニアリングや黒物のスキャンムーンクラフトでは、2005年にFAROの非接触スキャナー搭載のアーム型3次元測定器を導入しました。それ以前はノギスやレイアウトマシンなどを使用して測定を行っていましたが、時代を経るにつれ、3D CADの普及と進化によってデザインが複雑になり、人の感覚だけで製作できるものではなくなってきたからです。

Edge 3D Technologiesは、FAROのスキャナーで成功をつかむ

BIM/CIM:Edge 3D Technologies
現在、3Dレーザースキャンは3D点群データ取得における最も人気の高い方法の1つであり、取得したデータは、実用的な用途(例、工場レイアウト変更、リバースエンジニアリングプロジェクト)からレクリエーション向きの用途(例、映画やゲーム業界でのシーン作成)まで、幅広く限りない可能性に合わせ、さまざまな用途で使用可能です。

複雑な形状でも非接触スキャナーで迅速にリバースエンジニアリング 最新設備と熟練技術を武器にビジネスを拡大

金型:株式会社ダイモール
接触測定でのリバースエンジニアリングは対応が難しくなり、ダイモールでは2015年にFARO Edge ScanArm HDを導入。設計情報のない金型の再作成、金型の素材変更によるデータ取得に、スキャナーを使ってスキャン、その3Dデータをもとに接触測定で取得した点情報から作成する幾何形状なども取り入れて、最終的に設計を行います。

恐竜の化石の復元にFARO のレーザー・スキャナーを利用

教育・研究: サム・ノーブル・オクラホマ自然史博物館
サム・ノーブル・オクラホマ自然史博物館の古生物学者は、アパトサウルスの子供の失われた骨の構造の復元に取り組んでいます。子供の骨は全体の約15%ほどしか発見されていませんが、彼らは、現在同博物館に展示されている大人のアパトサウルスのモデルを使って、残りの骨の構造をデジタル的に復元することを目指しています。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x