導入事例

FAROの3Dスキャニング技術により、BIMでの用途が拡大

測量と設計: SIPPR Engineering Group Co., Ltd.
わずか2年間に、SIPPRは13もの産業・商業用プロジェクトの全段階において、幅広くFAROレーザースキャナーを使用しました。これらのプロジェクトには、土量計算、工場のリバースモデリング、完成したビルのテスト、外観エンジニアリングや建設資材の計算などがあります。FARO Focus3Dを使い、SIPPRはプロジェクトにおける経済的利益増大と市場拡大を実現でき、最初の1年で高い投資利益率を得ることができました。

大型航空機部品の検証から設備のアライメントまでさまざまな測定にFARO測定器を活用

航空宇宙: 株式会社ナベヤ製作所
航空機部品や治具の測定に加えて、現在では自動車部品や治具の測定、エネルギー関係の大型設備のアライメントやケーシングなどのリバースエンジニアリングも行っています。もう一つはロボットキャリブレーションです。レーザートラッカーは動的測定が可能なため、ロボットの精度確認や指令したところへアームが到達しているか、などロボットの軌跡測定が可能です。

FARO: レーザースキャナーを使い、0.003インチの測定を実現

航空宇宙: HIZEAERO Co. Ltd.
チタンフォイルとは、厚さがわずか0.003インチ(0.076mm)しかない超薄型チタンフィルムで、この供給は、生産においても、検査においても、Hizeaeroチームに大きな課題を課すことになりました。この課題こそが、HizeaeroがFARO ScanArmに投資する大きなプッシュ要因だったのです。

Dran Engineersは、FAROにより高品質で、納期を守った納品を実現

プラントエンジニアリング: Dran Engineers Pvt. Ltd.
Nagpure氏はこう述べています。「全ての治具をFaroArmで検査しており、結果は一貫しています。とりわけ、測定と検査工程にかかる合計時間が5時間となったことが一番です。というのも、数年前は品質検査には10時間もかかっており、非常に手間のかかる作業でした。検査時間の50%短縮は非常に大きなメリットであり、納期通りに自動車治具を納品できるようになりました。」

ウェブサイトを更新しました。

以前ご登録いただいた方も、改めてごご登録をお願いします