導入事例

一貫性の高い品質管理のための完全な測定ソリューション
専門性の高い機械工場が新しい機器を導入し、50%の時間短縮を実現

機械加工:MRP Engineering Co., Ltd.
MRPが通常測定するものは、長さが1~4mで、重量は20kg~50トンまでのものが多くなっています。アセンブリやターンキープロジェクトでは、測定距離は20~30mにもなります。QAチームの潜在的な課題は、自分達が選択したソリューションが様々なタイプの測定に十分対処できる柔軟性を持ちながら、正確でなければならないことでした。

現代のシャーロックホームズ
3D スキャンニング技術と科学捜査が出会う

公共の安全/科学捜査:中国南方医科大学
Zhao 教授は、3D スキャニングソリューションは捜査官が事件分析や証拠提示を行う際に、有利な状況を提供してくれると堅く信じています。1つには、高精度 3D 点群データにより、実際に事故現場を再現でき、事務所に座っていながらも、事故がどのように起きたのかを「ウォークスルー」できます。

生活に欠かせないバルブの品質をサポートするFARO ScanArm
偏心量などの複雑な公差も簡単に測定

バルブ:巴バルブ株式会社
製品開発部、評価チームの吉井氏は、3次元測定器導入のきっかけについて次のように述べています。「これまでの測定方法では測れなかったところを測りたいということと、産業振興センターまで時間をかけて出かけていって測るのではなく、測りたいときに社内で測りたい、という思いがあり、展示会で見た3次元測定器を導入できないか、と考えたのが始まりです。」

「消えゆく」文明の3Dデジタルドキュメント化、 時間との闘い – FARO、文化遺跡保存をサポート

遺跡調査: 浙江大学文化遺跡研究所
緻密に削られた洞窟、仏塔や寺院、石碑や石像が散りばめられた記念碑など、史跡に感嘆の声を上げる時、その場所に関わらず、人は、環境が静かにゆっくりと非可逆的にその美しさ全てを摩耗していきつつあるという事実に気が付くことは少ないでしょう。肉眼でははっきりとは分かりませんが、最大限の注意が払われている博物館に置かれた歴史的遺物でさえも、同じことが言えます。時間の経過につれて、卓越した価値を持つこれらの文化遺産は継続して劣化し続けるという事実を、考古学者や自然保護活動家は受け入れなければなりません。

アカウントのご登録